Simplicityによるカスタムフィールドの追加を無効にする方法

Simplicityは、カスタムフィールドに6つの値を追加しますが、不要な場合に無効にする方法を紹介します。

広告 (下に続く)

概要

Simplicityは、記事の投稿時に次のカスタムフィールドの値を追加します。

  • comment_form_freeze_message
  • is_ads_removed_in_page
  • is_comment_form_freeze
  • is_nofollow
  • is_noindex
  • page_type

広告 (下に続く)

なんだか気になる…

設定の有無に関わらず、投稿時にすべての記事・固定ページにおいて追加されます。他にカスタムフィールドを用いた運用をしている際、目障りに感じることがあります。

追加されたカスタムフィールド

無効にする方法

次のコードを子テーマのfunctions.phpに追加します。このコードを追加してから、記事を投稿、更新すると値が追加されることなく、既に存在する場合は削除されます。1記事でも機能が必要な場合はその部分のコードは追加しないでください。

function remove_simplicity_meta_boxes() {
    //コメント設定
    remove_meta_box( 'comment_setting_in_page','post', 'side' );
    //広告設定
    remove_meta_box( 'ad_setting_in_page', 'post', 'side' );
    remove_meta_box( 'ad_setting_in_page', 'page', 'side' );
    remove_meta_box( 'ad_setting_in_page', 'topic', 'side' );
    //SEO設定
    remove_meta_box( 'seo_setting_in_page', 'post', 'side' );
    remove_meta_box( 'seo_setting_in_page', 'page', 'side' );
    remove_meta_box( 'seo_setting_in_page', 'topic', 'side' );
    //ページ設定
    remove_meta_box( 'page_setting_in_page', 'post', 'side' );
    remove_meta_box( 'page_setting_in_page', 'page', 'side' );
    remove_meta_box( 'page_setting_in_page', 'topic', 'side' );
}
function remove_simplicity_meta_values() {
    //コメント設定
    delete_post_meta(get_the_ID(), 'comment_form_freeze_message');
    delete_post_meta(get_the_ID(), 'is_comment_form_freeze');
    //広告設定
    delete_post_meta(get_the_ID(), 'is_ads_removed_in_page');
    //SEO設定
    delete_post_meta(get_the_ID(), 'is_nofollow');
    delete_post_meta(get_the_ID(), 'is_noindex');
    //ページ設定
    delete_post_meta(get_the_ID(), 'page_type');
}
add_action( 'admin_menu', 'remove_simplicity_meta_boxes' , 20);
add_action('save_post', 'remove_simplicity_meta_values' , 20);

結果

記載したコードすべて適用した場合の結果です。

表示項目

ビフォー

表示項目ビフォー

アフター

表示項目アフター

カスタムフィールド

ビフォー

追加されたカスタムフィールド

アフター

消えたカスタムフィールド

ボックス

これらのボックスが消えます。

削除されるボックス

広告 (下に続く)

すでに追加されたカスタムフィールドを削除する方法

直接データベース(_postmetaテーブル)で削除することも可能ですが、Delete Custom Fieldsプラグインを使用すると簡単です。ただし、かなり昔のプラグインなので、脆弱性がある可能性があります。使い終わったらすぐに削除しておきましょう。

シェアする