鉄道の圧力計の仕組み

空気圧を用いた鉄道の圧力計の仕組みを簡単に紹介します。

空気圧計

これは、ブルドン管圧力計と呼ばれています。

空気圧計裏側

中身はこうなっています。

中身

これに動きを示すと次の通りとなります。

仕組みの概略

裏側(端子)は2つあります。2針(白針、赤針)それぞれの空気圧をそのまま取り入れています。
この空気圧の圧力で管が変形する力が発生します。変形させた力で中央の歯車を回転させます。
中央の渦巻きばねによってメモリの0に向かった復元力を持たせています。

素材の変形を使用したもので誤差が発生しにくく信頼性が高くコストがかからないという特徴があります。一方で設置方法を誤ると重力の影響による誤差が発生しやすいという欠点もあります。

広告 (下に続く)

シェアする