Chromeで動画再生するとたまにフリーズする場合の対処法

ChromeでYouTubeやニコニコ動画等、HTML5動画を再生するとき、たまにフリーズしたり緑色になったりする場合の対処法を紹介します。

広告 (下に続く)

原因

ハードウェアアクセラレーションによる原因である可能性が高いです。ハードウェアアクセラレーションとは、ブラウザにおける映像処理を、CPUではなく、CPU内蔵グラフィックやGPUを用いて主なう方法です。しかし、CPUを用いるソフトウェアレタリングと比べてグラフィックドライバーなどとの相性によって安定に影響を与えることがあります。

広告 (下に続く)

対処方法1: 動画におけるハードウェアアクセラレーションを無効にする

試験運用設定で動画再生におけるハードウェアアクセラレーションを一部無効にしてみてください。

chrome://flags/

にアクセスし、「ハードウェア アクセラレーションによる動画デコード」(Control+Fで検索するとすぐに見つかります)を無効にし、Chromeを再起動します。

広告 (下に続く)

対処方法2: ハードウェアアクセラレーションをすべて無効にする

対処方法1でも解決しない場合、Chromeにおけるハードウェアアクセラレーションをすべて無効にしてみてください。ただし、WebGLが使用できなくなったり、ページ表示速度が落ちることがあります。

chrome://settings/ にアクセスするかメニュー→設定を開きます。

詳細設定

最下部「詳細設定を表示…」をクリック。

ハードウェアアクセラレーション
最下部の「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のチェックを外す。

これで解決出来ない場合、パソコンのメモリ・ディスク容量やスペック不足が考えられます。また、他のブラウザでも試してみてください。Windowsの場合はEageやIE 11、Macの場合はSafariを用いる方法が一番安定します。

シェアする